魔術の起源

魔術の起源魔術の知識
メビウス高度魔術団は西洋魔術を基礎としたプロの高度魔術師集団です。日本では2002年から活動しており、最初は人づてのみ、ごく一部の著名人から現在まで一般の方を含めて多くの人の願いを成就させて来ることに成功しました。私たちのポリシーは慈愛を元に人々を幸福へと導く手助けをし続けることです。私たち魔術師の力があなたの人生に必要なとき、自分ではどうしようも出来ないと感じたとき、どうぞ頼って下さい。
▶ メビウス高度魔術団に相談する-

魔術の歴史は長く、約2500年前の旧石器時代に始まりました。
この時代は自然と人間は切り離すことのできないものであると見なされていました。人間は木、岩、小川が神であることを認め、地球は母として。
母なる地球は子宮であり、わたしたち人間の源である見なされていました。

当初、人は引き寄せの法則を使って動物の群れを引き寄せていました。
人々と動物に豊饒がもたらされるようにしたことが知られています。
実際にこのような方法を用いて狩りで成功していた記録が現代でも確認されています。
その後この引き寄せの法則を使ったエネルギーを日常の世界においても実現させたのが魔術の始まりとなります。

狩人たちは通常、群れの女王に生贄を捧げ、後に角のある神に生贄を捧げます。
角のある神は、群れに対する優位性を示すために角を身に着けていることで知られていました。また、動物が死ぬと、人間が埋葬されるのと同じように骨が埋葬されます。これは動物が母なる地球(子宮)からの再生を確実に享受できるようにするためでした。

現代、何千年も前にさかのぼる同じ慣行を続けている人たちがいます。
スカンジナビア地方の北に住むラップ族やイヌイット族は、今でもこれらの儀式を行っています。
この儀式は、動物を解放するという目的の元、トランス状態で交渉を行ったシャーマンなどの術師によって行われています。

シャーマニズム

シャーマニズムの 1 つは踊る魔術師です。
これはフランスピレネー山脈にあるトレスのレ・トリオの洞窟の壁に描かれています。黒く塗られたシャーマンの像。この像は、紀元前 1400 年頃のものです。動物の皮をまとった男の絵が描かれており、下の壁に描かれている動物の上に立っています。彼はフクロウのような大きな丸い目、鹿の角と耳。ライオンやクマの前足、野良猫の性器を持ち、足だけは人間です。

新石器時代は紀元前7500年に始まり、紀元前5500年まで続きました。
この時代の狩人たちは、農業の発展のためにこの慣習・文化を持っていました。神は母なる地球の息子の配偶者に進化します。

彼らは植物、冬、死、トウモロコシの神として知られていました。
彼らはトウモロコシを切り倒すことによって、毎年自分自身を犠牲として捧げました。


そして、月の満ち欠け、満月、減光の 3 つのフェーズを表した3つの女神が特徴的です。月は、この頃の人類が時間を計算するための大切な情報源でした。
月の周期は女性の月経周期と関連しています。通常は女性が妊娠すると約9 か月間後に新しい生命が生まれます。

新月は誕生、月が欠けたときは死、三日月は新しい生命として結び付けられました。

関連:https://www.britannica.com/topic/shamanism

コメント

タイトルとURLをコピーしました